インガドーガンワークショップ⑤ 胃酸の働き

こんにちは。

ナチュラルヒーリングサロンNoeud(ヌー)の鈴木紀子です。

 

昨夜、突然、高校の時に部活動で一緒だった友人から久しぶりに連絡が来ました。

最後に会ったのは数年前だったかな?と、いつだったか忘れてしまうぐらい、

ご無沙汰でした。汗

偶然私のブログを見つけ、覗いてみたら、共感できる部分があったとのこと。

そんなメッセージをくれる友人はとっても素敵ラブラブとっても嬉しくなりました。

家事も子育ても仕事もめいいっぱい頑張っていて、私にはできないなぁ〜と

尊敬している一人なのです。ラブ

働く女性をサポートしていきたいなぁ〜と思った夜でした・・・。♡

 

 

さて、今日は胃酸についてお伝えしますね。

インガ先生の講義を受けるまで私は胃酸の重要性を考えたことが

ありませんでした・・・。あせる

胃酸がどれだけ大切なのか・・・。

胃は食べ物を受け取り、消化のプロセスが始まります。

胃の中の胃酸を分泌するとともに、その胃酸が食べたものをドロドロの

状態にしたり、侵入してきたウイルスなどを殺菌してくれるのです。

その胃酸の酸性度(PH)は1〜2が適度。もしそれ以上になると、

食べ物が溶けず、ドロドロの状態にならないのです。

そうなると十二指腸へ運ばれるはずのものがそのまま胃に残ってしまったり、

運ばれても分子が大きくて、体の中に栄養を取り入れることが

できないのです。

ということは、私たちの細胞に栄養が行き渡らなくなりますよね・・・。ガーン

私たちがいくら生きた良いものを食べたとしても、意味がなくなって

しまいます。

そこで、インガドーガンは胃酸のPHが1〜2を保つように、

食事前にレモンジュースやリンゴ酢を水に混ぜたものを飲むことを

進めています。サラダにレモンや酢をかけるのも良い方法。

%e8%83%83%e9%85%b8%e3%81%ae%e8%a9%b1

ランチに行く直前はみんなでレモンジュースかリンゴ酢を飲んで出かけました。

胃酸のPHを1〜2に保つことは体の中に栄養を取り込むために必要なんですね。

初めて考えるようになりました。うーん

 

また、自分の胃酸がアルカリ性に傾いていないかを知る方法も

教えてもらいましたよ。ニヤリ

それは、朝、起きた時にティースプーン半量の重曹を水に混ぜて飲むこと。

飲んでゲップが出れば酸性度は強い方。でなければ・・・

PHが2以上になっている可能性があるそうです・・・。

私は早速帰ってきてトライしてみましたが、ゲップは出ませんでした・・・。ガーン

やはり胃に不調を抱えているのかもしれません・・・。

これからはレモンジュース、またはリンゴ酢を食前に飲みたいと思います。

もし、自分もそうかもしれない!と思う方は、ぜひお試しを!ウインク

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。えがお

 

☆ アクセス方法

☆ お申し込みはこちらから

 

【お電話でのご予約】

090−9046−6753

【メールでのご予約・お問い合わせ】

noeud.nu☆gmail.com  (☆を@に変えてくださいね)

 

☆神戸・三宮・元町・東灘・芦屋・明石・三木・加古川・高砂・大阪・梅田・西宮・京都からお越しいただいています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


オーナー写真

2007年よりオテル・ド・摩耶の専属セラピストとして勤務し経験を積む。セラピストの活動を続けながらコスモフェイシャルやラストーンセラピー、メディカルハーブなどの様々な自然療法を学ぶ。


2010年に神戸市北区で小さなプライベートサロンをオープンし、2014年にプライベートサロンを神戸市中央区の北野に移転。

2016年9月23日より新しいメニューも加わり神戸市西区で再スタート!

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP