月の満ち欠けを意識する

こんにちは。

ナチュラルヒーリングサロンNOEUD(ヌー)の
鈴木紀子です。

今週の水曜日にしし座で新月を迎えましたね。

この新月は大きな転換点だそうですよ。

自分自身の内なる声を聞き、重荷だと感じていることや、

嫌だと感じていることを思い切って手放す時。

ずっと握り締めていたものを手放した瞬間、

必ずまた新しい光が宿る。

と言う、今の私にとって、

とっても嬉しいメッセージをいただきました。

セラピストになってから少しずつですが、月を意識するようになりました。

通常、自然界のサイクルでは満月に向かって満ちていきます。

万物は色々と満ちている状態になり、新月になると空っぽに。

満月に出産や排卵が多かったり、潮の満ち引きなども自然のサイクル。

そして、私たち女性の月経周期と月の満ち欠けは

どちらもほぼ29.5日で、

密接につながっていると考えられていたので

生理のことを昔から「月経」や「月のもの」と言われています。

その生理が来る日も、満月や新月と重なっていることが多いんだそうです。

満月に生理が来るっていう人もいれば、新月に生理が来るって

いう人も、どちらともいるみたいです。

どっちに生理が来るのが正解なんだろう?と色々と調べてみましたが、

どっちの意見もあり、結局、どっちが正解とかないのかなぁ〜・・・と

ちょっと断念しました・・・。

人の体質によるものなのかも知れません・・・・。

満月に頭痛がする人もいれば新月に頭痛がする人もいますからね・・・。

私の生理周期は20代の頃から不規則だったことが多く、

月を意識してからも、満月新月のどちらとも

あまり重なったことがありませんでした・・・。

でも今回は新月の1日前に生理が!!

これだけのことですが、自然界のリズムにうまく乗れることができた!!

と、かなり嬉しかったのです。

ここ1年ほどは、仕事での過度のストレスで、

かなり周期が乱れていました。ちょっと心配だったのですが、

2ヶ月前ほどから、そのストレスも軽減されて、

ランニングなどのプチ運動もスタートし、

コンディションが整い始めたおかげで生理周期が戻りだし、

今回はついに新月と重なったのです!!

いつもは面倒に感じる生理もこうやって月を意識すると

「私の体も自然の一部なんだ、大切にしよう」と、思えるようになれます。

そして、違う角度から自分というものを観察することできて

とっても面白いです。

面白くなってくるとますます探究心が芽生えてきて、

満月に生理が来るのと新月に生理が来るのと

違いは何なのかな?と・・・。

ちょっと調べてみたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


オーナー写真

2007年よりオテル・ド・摩耶の専属セラピストとして勤務し経験を積む。セラピストの活動を続けながらコスモフェイシャルやラストーンセラピー、メディカルハーブなどの様々な自然療法を学ぶ。


2010年に神戸市北区で小さなプライベートサロンをオープンし、2014年にプライベートサロンを神戸市中央区の北野に移転。

2016年9月23日より新しいメニューも加わり神戸市西区で再スタート!

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP