精油の作用

こんにちは。

セラピストの鈴木紀子です。

 

昨日は暑かったですね・・・。

1ヶ月ぶりに三田の畑に行って芋掘りをしてきました。芋

今年は被害に遭わず立派なさつまいもができていましたよ。

食べるのが楽しみです。にやけ

%e3%81%95%e3%81%a4%e3%81%be%e3%81%84%e3%82%82

 

さて、今日も精油のおさらいの続きです。

植物が自ら作り出している有効成分をたっぷり含んでいるのが精油。

では精油が持つ有効成分(芳香物質)が、どのように体に作用するのでしょうか。

有効成分は、香りを嗅ぐという行為である鼻から取り入れられたり、

呼吸によって口へ入ったり、

マッサージなどで皮膚から取り入れたりできます。ウインク

簡単に説明すると以下のような感じです。

芳香物質は主に3つの経路で体の中に入り、影響していきます。

一つ目は肺から血液へ入り全身へ、

二つ目は脳から視床下部そして各ホルモン、

そして3つ目は皮膚から血液やリンパを通り全身へ流れていきます。

いずれにせよ、小さい香りの分子が体の中に入り、

各内臓器官に働きかけることができるのです。

精油って本当にすごいと思いませんか。びっくり

 

体の中に取り入れるので、品質はちゃんとしたものを使いたいですよね。

 

アロマはもう一般的には知られるようになりましが、

どのように体に働きかけるのか、いまいちピンとこない!という人が

まだまだいるように思います。

少しでも、精油について知っていただき、活用していただければ

嬉しいです。音譜

 

今日は雨が降りそうな気配ですが・・・、

10月の大会に向けてのトレーニングのために六甲山を登ってきます!!ミツバチ

 

今日も素敵な一日をお過ごしください。にこにこ・ピンクマ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


オーナー写真

2007年よりオテル・ド・摩耶の専属セラピストとして勤務し経験を積む。セラピストの活動を続けながらコスモフェイシャルやラストーンセラピー、メディカルハーブなどの様々な自然療法を学ぶ。


2010年に神戸市内で小さなプライベートサロンをオープン。

2018年8月25日より新しいメニューも加わり神戸市灘区の阪急六甲駅から北へ徒歩5分の場所に移転!

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP