肺の足裏反射区

こんにちは。

セラピストの鈴木紀子です。

 

昨日は午後からようやく晴れ間をのぞかせてくれましたね。

今週はまた台風が来てお天気が良くなさそうなので、

朝からたくさんの洗濯をし、スッキリしました。スキップ

 

今日は秋の不調を改善するためのセルフリフレクソロジーを

ご紹介します。

東洋医学で言うと、秋は「肺・大腸」が最も働き、関わりがあることを

お伝えしました。

そして最も乾燥しやすい季節でもあります。喉も鼻も口もそして肌も・・・。

大気の乾燥から守り、冬に備えて免疫力を高めたいところです。きゃー・ピンクマ

もしすでに私のように何かしらの症状がある人は、早く対処していきましょうね。

昨日は食べ物についてちょっとお伝えしましたが、

今日は足裏のセルフリフレクソロジーで自然治癒力を回復させましょう。パンダ

 

足裏には、「反射区(はんしゃく)」と呼ばれる体の各部位が

反射関連しているツボのようなものが集まっています。

この反射区を刺激し、間接的に臓器や器官を活性化することで、

肩こりや冷えなどさまざまな不調の改善とともに、

むくみ解消、新陳代謝の促進など美容効果も期待でき、

自然治癒力も高めることができます。

今回は「肺」。肺の反射区は下記のピンクのところです。

%e8%b6%b3%e8%a3%8f%e8%82%ba

ここを、親指を使ってほぐしていきます。

棒などを使ってもいいですが、より指の方がほぐれていく感覚が

分かると思います。

もしゴリゴリしているなら老廃物があり、滞っている証拠。

体からの不調を知らせるサインです。

ゴリゴリしていなくても痛みがあればそれもサインです。

念入りにほぐしてくださいね。汗

私の最近のゴリゴリは肺と胃・・・。毎晩しっかりほぐしていると

少しずつゴリゴリがなくなってきましたよ。ウインク

 

「肺」は感情で言うと、「悲しみ」の臓器になります。

落ち込みやすく、憂鬱になりがち・・・。

だから秋はセンチメンタルになりやすいのでしょうか・・・。うる~ん

気分が下がっている時も、この肺の反射区をゴリゴリほぐしてみてくださいね。

 

どうも自分ではできないなぁ〜という方はこちらのメニューをどうぞ。

子宮力・免疫力アップ!のフットリフレクソロジー

 

 

今日も素敵な一日をお過ごしくださいね。うさぎ

 

 

<お電話でのご予約>
090−9046−6753    受付時間 9:00〜19:00
 ※施術中は電話に出られませんのでメールメッセージを残していただければ、
  折り返しこちらからご連絡させていただきます。

<メールでのご予約>
noeud.nu☆gmail.com (☆を@に変えて送信してください)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


オーナー写真

2007年よりオテル・ド・摩耶の専属セラピストとして勤務し経験を積む。セラピストの活動を続けながらコスモフェイシャルやラストーンセラピー、メディカルハーブなどの様々な自然療法を学ぶ。


2010年に神戸市北区で小さなプライベートサロンをオープンし、2014年にプライベートサロンを神戸市中央区の北野に移転。

2016年9月23日より新しいメニューも加わり神戸市西区で再スタート!

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP