香りが脳に与える影響

こんにちは。

昨日はお客様と香りについて色々お話をしました。

香りの好き嫌いって本当に人によって違うよね〜、という話で盛り上がりました。

ローズの香りが好きな人もいれば苦手な人もいるし、

ラベンダーが大好きな人もいれば、嫌いな人も・・・。

またお線香の香りが好きな人もいれば苦手な人も・・・。

家族内でも違ってくるので、日々生活の中で使う香りのチョイスって

難しいですね。

香りを選ぶのは難しいのに、今は何にでも香りが付いています。

洗剤だったり、柔軟剤にも「アロマの香り」ってあったり、

トイレの芳香剤だったり、お部屋の臭い消しだったり・・・。

でもどれも作られた香り。合成の化学成分です。

これらは天然の植物から抽出される精油の香りとは全く別物です。

実は体にいいことは全くないのですよ〜。

なのでできれば、合成の香りのものは使ってほしくないなぁ〜・・・と。

私は昔から合成の香りや香水が苦手で、

気分を悪くすることもしばしば・・・。

でも過去に柔軟剤を使い続けていたら、

その香りに慣れて平気になっていました・・・。

脳が麻痺してしまったのでしょうか・・・。慣れって怖いですね・・・。

 

香りは脳に直接働きかけるため、想像以上に効果が高いのですが、

その香りが化学成分によるものであった場合、

健康被害も報告されているぐらい注意が必要なのです。

現に柔軟剤の香りによる頭痛や吐き気、呼吸障害などの健康被害が急増して

いるそうです。

 

香り成分は、吸い込む以外にも嗅覚を通じて脳に直接影響を及ぼします。

香りによってリラックス効果を得ることができたり、スッキリするのは

この脳の働きのおかげです。

でも、よい香りだと感じる香りでも、合成された香りによって

臭覚センサーが刺激されると、ホルモンバランスが乱れたり、

偏頭痛の原因になったりすることがあることがわかっています。

せっかく香りを取り入れるなら、ホルモンバランスを整えたり、

免疫力を高めたりする効果が高い、植物から抽出された精油を使うほうが

断然いいのです。

 

皆さんはどんな香りが好きですか?

きっと色々な答えが出てくると思います。

ローズ系の華やかな香りだったり柑橘系だったり、

スッキリするハーブ系の香りだったり・・・。

大雑把に「柑橘系」という一括りだったとしても、

レモン、グレープフルーツオレンジ、メイチャンでは、

また香りも成分も効能も違ってきます。

レモンが好きでもオレンジのようなちょっと甘い香りは好きではなかったり・・・。

本当に人それぞれなので精油のチョイスは本当に難しいのですが、

それを選んでいく過程もセラピストとしてやりがいがあります。

その時のご自身の体調や心理状態によっても

好きな香り苦手な香りが変わるので、本当に精油の面白いところ。

 

例えば、普段はローズの香りが苦手なのに、今日は好き!という人は

ちょうど生理前だったり。

というのもローズは女性ホルモンのバランスを取ってくれて、

イライラも鎮めてくれるので、生理前には必要な香り。

そして必要な香りは良い香りに思えるのです。

これもまた不思議で面白いところですよね。

ヨーロッパでは昔から人の体質や星座、その時の体調などでも、

必要な精油を選択していたそうですよ。

 

一つの精油の中には何百種類と言われる生化学成分を含んでいて、

判明していないこともまだまだたくさんあります。

化学成分を含んでいるということは、人の体にダイレクトに影響を及ぼすもの。

合成成分よりももっと慎重に扱わなければいけないのかもしれませんね。

精油だから安全ということは言えないかもしれません。

それだけ効果があるものだから・・・。

 

もっと本を読んで勉強したーい!!

ホントアロマって面白ーい!!と、

つくづく思ったのでした・・・。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


オーナー写真

2007年よりオテル・ド・摩耶の専属セラピストとして勤務し経験を積む。セラピストの活動を続けながらコスモフェイシャルやラストーンセラピー、メディカルハーブなどの様々な自然療法を学ぶ。


2010年に神戸市北区で小さなプライベートサロンをオープンし、2014年にプライベートサロンを神戸市中央区の北野に移転。

2016年9月23日より新しいメニューも加わり神戸市西区で再スタート!

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP