排卵痛の原因を解明して緩和していきましょう!

こんにちは。

女性って本当にやっかいな生き物ですよね〜・・・と、

つくづく思います。

毎月訪れる生理痛やPMSに疲れたり、恋愛でうじうじ悩んだり・・・、

子育てやママ友の関係で問題を抱えてたり・・・。

本当に大変だなぁ〜と。

でもこれらは女性として生まれてきたからこそ味わえるもの。

複雑な気持ちにもなりますが、女性である限り

上手に付き合っていきたいですよね。

 

昔、私より3歳年上のアメリカ人女性の友達がいました。

彼女は生理痛、PMS、排卵痛全てを抱えていて、

心穏やかに普通に生活できる日が1ヶ月に3日しかない!と、ぼやいてました。

ピルを勧められたけれど飲みたくないし、とりあえず亜鉛を摂取して

大好きなコーヒーを控えて、ランニングを始めてみる!と前向きに!

その3ヶ月後に会った時は穏やかな日が3日だけだったのが1週間に伸びたー!

と、喜んでいました。何事も努力と継続・・・ですね。

 

 

生理痛以外に腹痛で苦しんだ経験の方はいませんか?

もし経験のある人はちょうど生理開始2週間前ぐらいに当たりませんか?

もしそうなら排卵時に起こる排卵痛かもしれません。

排卵痛は排卵日の前後3日間で卵巣付近に痛みを感じます。

この排卵痛でつらい思いをしている女性が結構いるみたいです。

幸い私は排卵痛を経験したことがないのですが、

なぜ排卵痛が起こる人と起こらない人がいるのでしょうか・・・。

 

東洋医学の五臓の考え方でいうと排卵という作業は「肝」と密接な関係

にあります。

ホルモンを排泄する、卵を産む、生理を起こすという作ったものを

表に出す作業が「肝」なのだそうです。

なのでその「肝」の働きが低下して、肝の経絡のめぐりが悪くなると

排卵痛が起こってしまうのですね。

なぜ「肝」のめぐりが悪くなるのかは人それぞれですが、

以下のようなことが考えられます。

・ストレスがたまっている(過労や外的要因)

・気を巡らせる力が不足している(過労や養生不足)

・甘いものの取りすぎ

・精力が不足している(この場合、排卵時に腰痛も出る)

また、気が上手に巡らないと以下のような症状が現れます

・気分がすっきりしない

・ため息をつく、またはイライラする

・気分にむらがある

・胸が張る

・泣いたり怒ったりする

「肝」とはストレスを受け止めるクッションです。

やっぱりストレスですね・・・。

みなさん、頑張りすぎていませんか。無理しすぎて体を酷使していませんか?

ストレスが溜まっていたり、何か大変なことが重なった時に卵巣が腫れた

という女性が沢山いらっしゃいます。

このように排卵痛だけでなく、女性特有の症状でお悩みの方は

「肝」の経絡の詰まりや滞りが多く見られます。

 

もし、排卵痛などのつらいお悩みを抱えている方は

まずは「肝」の経絡の滞りを整えるフットセラピーを受けてみてください。

☆フットセラピー

足先から胸まで流れている「肝」の経絡は卵巣や子宮も通っています。

足先の「肝」の経絡を刺激するだけで気がスムーズに流れ出しますよ。

その前に足の親指の爪の第2趾側、下記の緑のところを押してみてください。

痛くありませんか?

私は飛び上がるほど痛かった時期がありますが、

今は毎晩ほぐしたおかげで痛みは激減しましたよ。

 

あっ、それと、足とは関係ないですが・・・、

目も「肝」と深い関わりがあります。

排卵後から生理までの間は目を酷使することは控えて、

休ませてあげてくださいね。

そして目を温めてあげると効果的ですよ。

 

いつまでも症状を抱え込まず、諦めないでくださいね。

自分を大切に思い、改善へ向けて取り組むと

必ず体は良い方向へ向かってくれますよ。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


オーナー写真

2007年よりオテル・ド・摩耶の専属セラピストとして勤務し経験を積む。セラピストの活動を続けながらコスモフェイシャルやラストーンセラピー、メディカルハーブなどの様々な自然療法を学ぶ。


2010年に神戸市北区で小さなプライベートサロンをオープンし、2014年にプライベートサロンを神戸市中央区の北野に移転。

2016年9月23日より新しいメニューも加わり神戸市西区で再スタート!

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP