Reflexology

リフレクソロジーとは

直訳すると「リフレックス(reflex)=反射」・「ロジー(logy)=学問」、つまり反射学という意味です。
3000年以上も昔から、顔、手、足などの身体の様々な部位に対して手による様々な施術が行われてきました。
これらの起源は主にエジプト、アフリカ、アメリカ先住民族の文化や神話までたどることができます。

人間のからだの臓器や骨、神経などの各部分が足や手、顔などに密接に反射関連していると考えられています。
この反射の考えに基づき、足の裏、手のひら、顔、を指でくまなく刺激することで、関連する器官や臓器が活性化され全身の機能も向上することができるのです。

「気・血・水」を整える

ナチュラルヒーリングサロン・Noeudでは、リフレクソロジー(反射学)の考え方と、東洋医学の考え方である「気・血・水」、経絡(エネルギー)、陰陽論、五行論、を重要視しています。

「気・血・水」とは。

「気」(キ) ・・・体の正常な働きに必要なエネルギー源として体を巡る
          生命エネルギー         
「血」(ケツ)・・・血液および血液によってもたらされる栄養分であり、
          酸素や栄養素を全身の細胞に運びます。
「水」(スイ)・・・血液以外の全ての体液(汗、唾液、尿、関節液など)を
          あらわし、老廃物を体外に排出しながら体に必要な水分の
          バランスを保ちます。

東洋医学では気血水と呼ばれる3要素が体の中を常に巡っており、それによって心と身体の健康を保っていると考えられています。

経絡とは・・・。

経絡とは気(エネルギー)の流れる道のことです。身体の五臓六腑(肝臓・心臓・脾臓・肺・腎臓・胆のう・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)と繋がっていて、全身に張り巡らされている神経とも関わりがあると言われています。東洋医学ではこの経絡の気がスムーズに流れていないと身体や内臓などの働きが低下し、心に不調が現れる場合があると言われています。スムーズに流れている場合は、栄養や酸素が身体の隅々まで行きわたり、健康でいられると言われています。

足のリフレクソロジー

ナチュラルヒーリングサロン・Noeudでは、このリフレクソロジー(反射学)の考え方と、東洋医学の考え方である陰陽論、五行論、「経絡(エネルギー)」、「気・血・水」との関係を重要視したフットセラピーを行っています。

東洋医学によると、体には12対の経絡があり、また、任脈・督脈として知られている2本の特別な経絡もあります。これらが一緒になって体のエネルギーシステムを構成し、体の健康を維持するために働いていると考えられています。
リフレクソロジーも東洋医学も病気はエネルギー(気)の流れが滞ることによって起こると考えられています。つまり、経絡上にある滞りはその通り道に不調を生み出し、その経絡に関連する器官の不調につながるということです。
12対の経絡のうち、主要な6つの経絡は体の主な器官を貫き、足先から始まっています。そのため足を刺激することによって経絡の滞りを取り除くことができます。
そして相乗効果として、「第二の心臓」といわれる足を刺激することで、血液を心臓にスムーズに戻し、全身の血液の流れやリンパの流れを促進し、新陳代謝が活発になるので、全身の老廃物の排泄が促されます。

このように足裏やふくらはぎは、血液を心臓へ送り返すという重要な働きをしていますが、何らかの要因によって、足から心臓に送り返される血液が滞って血液循環が悪くなると、老廃物と呼ぶ乳酸や尿酸などの結晶化したしこりが足に溜まるようになります。すると、その老廃物が溜まった反射区に関連する体の臓器や器官などが影響を受けるようになり、やがて体の不調となって現れます。つまり、体のどこかが不調なときは、そこに対応する足の反射区に老廃物が溜まっているというわけです。

足の裏を刺激すると、人間が本来持ち合わせている『自然治癒力』も最大限に引き出し、健康の回復・維持・増進を図ることができます。さらに、足の裏を気持ちよく刺激することで、リラクゼーション効果をもたらすことができるので、肉体的な機能の向上と精神的なリラックス効果を合わせ持ち、心と身体の足裏健康法とも呼べます。

リフレクロソジーは以下のような結果が期待できます。

・血液循環やリンパの流れが良くなり、自然治癒力が向上します。
・免疫力が高まり、病気になりにくい体を作ります。
・新陳代謝が良くなり、太りにくい体になります。
・自律神経のバランスが整います。
・ホルモンバランスが整います。
・リラックス効果により、精神が落ち着き心が豊かに軽やかになります。

顔のリフレクソロジー

顔にある反射区やポイントを手で刺激することによって様々な器官、循環器系、リンパ系などに働きかけ、身体全体のバランスを整えることができます。
これは特定の圧力を加えることにより、皮膚と神経との間に反射作用が起こり、運動神経や自律神経に効果をもたらし、骨格筋、関節、器官、内臓へと伝わり体全体に及びます。
また、神経系全体を刺激するため、日々のストレス、不安、苦悩、フラストレーションなど、病気の原因になりえる心の不調を取り去ってくれます。

顔の様々なエリアを刺激するだけでなく、身体の状態をみてとる手段としても使用されています。

この顔へのリフレクソロジーを取り入れたエステティックトリートメントがコスモフェイシャルです。

心と体への関係

リフレクソロジーの説明において、切り離さないのが東洋医学の陰陽論と五行論です。

Nouedのフットリフレクソロジー、コスモフェイシャルはこの陰陽論と五行論の考え方をもとに行っていくので、心と体の両方からアプローチができます。
また心と体の状態が読み取れるので、病気の予防にもなります。

陰陽論と五行論

陰陽論とは。
東洋医学の理論によると、宇宙の万物は全て陰と陽という相反する力のバランスで成り立っているとする思想です。陰と陽はコインの裏表のように、必ず対になっています。全てが陰あるいは全てが陽とであることはないのです。陰と陽は対立しながらも相互に補完し合い、依存し合う両極のエネルギーです。陰陽のバランスが崩れ、どちらか一方が優位になると疾患が生じ、陰陽のバランスの乱れの度合いが、症状の軽さや重さとなって現れます。

五行論とは。
五行論も陰陽論と同じようにエネルギーであると言われています。
「五行」というように、五行論は五つの元素を軸に考えます。万物は、木、火、土、金、水の5つの元素に分けられ、自然界でも人間の体でもそれらがお互いに影響し合って成り立っていると考えます。
五行は物質的な要素を意味するのではなく、自然界の様々な状態のことを言います。また、人の性格や感情、精神、体質に直接的な影響を及ぼします。
陰陽と五行が人間の体の中でも自然の中でもバランスを取るために同時に働き、バランスが良いということは健康であるということです。陰陽と五行のバランスが乱れると人は病気になってしまうということになります。

五行はそれぞれ体内の器官と感情に関連付けられています。

「木」は「怒り」とかかわり、肝と胆に影響を与えます。
「火」は「喜び」にかかわり、心と小腸、心包/循環と三焦に影響を与えます。
「土」は「同情と思いやり」にかかわり、脾/膵と胃に影響を与えます。
「金」は「悲嘆と心配」にかかわり、肺と大腸に影響を与えます。
「水」は「恐れ」にかかわり、腎と膀胱に影響を与えます。

これらの感情は一つでも極端、また過度に経験される時、あるいはこれらの感情を表したり経験したりできない時、体を流れる気(エネルギー)のバランスが乱れます。その結果、不調が生じてしまいます。

このように、心と体は一つに繋がっています。
経絡を刺激して、経絡の乱れを整えることにより、心と体の不調を改善していきます。

PAGE TOP