積極的に血を補いましょう。

ご訪問ありがとうございます。

血流を改善して生理不順、生理痛、PMS、子宮筋腫などの

お悩みから解放しましょう!こんにちは、鈴木紀子です。

 

先日は胃腸を丈夫にして血を作れるようにしましょう!

と言うことをお伝えしましたが、

胃腸が整ったら、今度は積極的に血の原料となるものを

補っていきたいですよね。

 

そこで一番摂取したいのはタンンパク質と鉄分です。

特に婦人科系の症状で悩まれて血を補いたい方は、

タンパク質や良質の油を摂ることをオススメします。Queenly

タンパク質や鉄分を含む食材は色々とありますが、

中でも鶏肉などがオススメです。

薬膳での鶏肉は「気血を補い、体を温め、胃腸を助ける滋養食」と

言われているそうですよ。にわとり

私は一時期、マクロビやローフードにはまっていて

お肉を一切食べていない時期がありましたが、

生理不順や冷え性となってしまいました・・・。ブルブル・ピンクマ

私の場合はその方法が体に合っていなかったようです。

食べるものはやはり自分のからだが一番よく知っているので

自分の体に聞いてみるのがいいですね。

その時に一番自分が食べたいものがベストなのかなと思います。ウインク

 

薬膳でいうと、鶏肉に加えて「赤い食材」が血を補ってくれるそうです。

赤いといえば、最近ゴジベリーとも呼ばれている「クコの実」!!

クコは生薬としては「枸杞子(くこし)」と呼ばれ、

いくら食べても良いといわれるほど、

毒がほとんどなく、養命薬としての効果が高いものだそうです。

「肝」と「腎」を補う作用があり、目の疲労にも効果的。
「肺」を潤す作用もあるので、咳が止まらない時にもおすすめ。

そして、なんといっても「血」を補う作用が高いので、

冷え性、生理痛、生理不順、不妊症、貧血気味、めまい、

体力が落ちていると感じる方にもおすすめです。rabbit*

女性はもともと毎月の生理で血が不足しがちなので

クコの実をおやつ代わりにとると日頃から血を補えますね。

ほんのり甘みがあり私は好んで食べています。

この間作った「葛粉のりんごクリーム」の上にのせたり、

紅茶に入れたりして楽しんでいますよ。皆さんも是非〜。キャッ*m

でもあまりこれを食べないと!とか、これは食べたらいけない!とか

ストイックになりすぎないように、食事は楽しんでくださいね。

ストレスになってしまうので・・・。うさぎ

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。えがお

 

☆ アクセス

☆ 詳しいアクセス

☆ お申し込みはこちらから

 

 

【お電話でのご予約】

090−9046−6753

【メールでのご予約・お問い合わせ】

noeud.nu☆gmail.com  (☆を@に変えてくださいね)

鈴木紀子

☆神戸・三宮・元町・東灘・芦屋・明石・三木・加古川・高砂・大阪・梅田・西宮・京都からお越しいただいています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


オーナー写真

2007年よりオテル・ド・摩耶の専属セラピストとして勤務し経験を積む。セラピストの活動を続けながらコスモフェイシャルやラストーンセラピー、メディカルハーブなどの様々な自然療法を学ぶ。


2010年に神戸市北区で小さなプライベートサロンをオープンし、2014年にプライベートサロンを神戸市中央区の北野に移転。

2016年9月23日より新しいメニューも加わり神戸市西区で再スタート!

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP