更年期前に阻止したいエストロゲン優勢な状態

こんにちは。

今日も女性ならやっぱり知っておいておいた方が良い

ホルモンのお話です。

私もまだまだ知らないことだらけ・・・。汗

情報は日々アップデートされるので、常にお勉強ですね。

 

 

先日、現代女性に多いのが、

エストロゲン過多のプロゲステロン不足、というホルモンバランスが崩れた状態。

だということをお伝えしました。

⭐️ 突然現れる更年期症状とは・・・。

 

エストロゲンの主要な役割は、子宮の成長と機能をコントロールすることです。

特に、子宮内膜の増殖、つまり血液で造られた子宮の組織膜を造り出し、妊娠に備えます。

エストロゲンは、細胞の成長を刺激する性質をもつため、

うまく扱うことによって、素晴らしい効果をもたらすことができます。

でもその反面、過剰になるとガンの危険因子にもなりえるのです。がびーん

 

一方、プロゲステロンは排卵後に黄体によって造られるホルモンです。

一番重要な役割は、エストロゲンと拮抗し、エストロゲンとのバランスを取ることです。

プロゲステロンのレベルが安定していると、エストロゲン過剰にも対処しやすくなります。

その他、気持ちを落ちつける、癌に対する抵抗力をつける、

新しい骨を造る、など様々で、重要な役割を持っています。メガネ

 

 

この二つのホルモンバランスが乱れるせいで、更年期症状が現れてしまい、

辛い日々を送らないといけなくなってしまいます・・・。

特にエストロゲンが過剰になっているケースが多いのが現代女性。

女性の生理周期を考えても、この二つのホルモンの分泌が増えたり減ったりを

繰り返していますよね。

生理周期はひとそれぞれ微妙に違いますが、

約1ヶ月だと考えると、その1ヶ月の間でもホルモンが増えたり減ったりの波があります。

この波によって、精神状態が不安定になったり、活動的になったり、

食欲旺盛になったり、イライラしたり、お肌の調子が悪くなったり・・・、

お肌の調子が良くなったり・・・、

女性は約1ヶ月の間、ホルモンの分泌の微妙な変化によって、

心も体調もお肌もコロコロと変わるのです・・・。うさ。

 

このように閉経になるまでにも

約1ヶ月の間でプロゲステロンが大きく減り、

エストロゲンが増えて優勢になる時があります。

私の場合、排卵前のエストロゲンが高くなる時に

辛い症状が良く現れることが多い気がします。

よく聞くのはPMSと言って生理前に辛い症状が出る人もいますよね。

突如湿疹が現れたり、イライラしたり、

食欲が増したり、むくんだり、やるきがでなかったり、朝なかなか起きれなかったり・・・。

おそらく普段からエストロゲンが優勢になりすぎる傾向にある人は

PMS症状が強く出たり、排卵前に不快な症状が出たりしているかもしれません・・・。

だとしたら私も優勢で・・・がびーん

こういう人は、更年期症状が出やすいのかと・・・。

できるだけ早くエストロゲン優勢を阻止せねば・・・。ガクガク

 

ではこのエストロゲンが優勢になる原因はなんなのでしょか・・・。

調べたところ以下のような原因がありました。

1.エストロゲン補充療法

2.前更年期(普通よりも早期に卵胞が排卵しなくなり、
  結果として、更年期より前にプロゲステロンが不足してしまう)

3.環境エストロゲンへの暴露(早期に卵胞が排卵しなくなる原因になっている)

4.避妊用ピル(エストロゲン物質が過剰に含まれている)

5.子宮摘出手術(卵巣の機能不全や萎縮を招く)

6.閉経(とくに太った女性の場合)

このように色々ありました・・・。

でも、実はこれらだけではなく他にもあるのです・・・。

そのうちの1つが、最もよく耳にするストレスなのです。

ストレスって至る所で関わっていますよね・・・。

ホント厄介です・・・。汗。

 

ストレスは目に見えず、ストレスがあったとしてもそれをストレスだと

自覚していない人もいます・・・。

でも知らず知らず体はストレスをキャッチしているかもしれませんね・・・。

このとっても厄介なストレス!!

どのようにホルモンと関わっているのか・・・、

それは次回お伝えしますね〜。うさぎ

 

今ある不調をなんでもかんでもストレス!!で片付けてしまい、

ストレスだから仕方がないかぁ〜と・・・ついつい、

なんの対処もせずに諦めがち・・・。

でも、ストレスが溜まっているという自覚があれば、

ちゃんと発散できるように、これ以上溜めないように・・・、

してあげることが更年期障害や病気の予防になると思います。

 

ストレスを解放する趣味や『場』をもつこと!!

これ、本当に大切です。

いち早く実践・・・!!ですね。プー

 

 

当サロンではあなたのお悩みに対して、

どうしてその悩みが起こるのかの原因を追究していきます。

原因が分かると、いまある悩みが解消する近道になります。

足や顔に触れ、いまのからだと心の状態を見て、

どの経絡や臓器に気をつければいいのか、どこに弱まりがあるのかを探し、

お客様が日頃から気にかけなければいけない習慣、食生活、

いまあるお悩み、思考の悪い癖、心の状態を改善へと導きます。

心と体の不調を読み解き、本来の美しさと健康を取り戻してください。

いつでもお手伝いいたします。😊

 

 

 

お電話・メールでのお問合せ・ご予約はこちらです。

お申し込み: お問い合わせフォーム

お電話 :   090-9046-6753

メール:   noeud.nu@gmail.com

一旦、留守番電話にてお受けし、折り返しご連絡させていただきます。

★出張・訪問も行っています。お気軽にお問合せくださいね。

 

⭐️神戸元町そらクリニックでの施術も受け付けています。

🔸そらクリニックのHPはこちらです!→ 心とからだのリラクゼーション

 

そらクリニックでトリートメントを受けていただける日時ですが、

月・火・木の10時から21時まで、

金・土・日の10時から17時までの間でしたらご予約可能です。

ただし、完全予約制となり、

二日前までのご予約をお願いしています。

上記以外の時間がご希望でしたらお電話がメールでご相談していただけると嬉しいです。

 

どうぞよろしくお願いします。😊

 

 

ナチュラルヒーリングサロン・Noeud(ヌー)🔸 メニュー一覧

🔸 住所:神戸市西区月が丘5丁目

☆ アクセス方法

※ 駐車場有ります

🔸 最寄り駅:神戸電鉄栄駅、または神戸市営地下鉄西神中央駅

※ 駅から送迎いたします

🔸 営業時間:9:00〜19:00

※ 時間外のご相談も受け付けています。

🔸 定休日: 不定休

🔸 完全予約制

🔸 お電話でのご予約:090−9046−6753

(留守番電話の場合は、お手数ですが、お名前をお残し

ください。折り返しお電話させていただきます)

🔸 メールでのご予約・お問い合わせ

noeud.nu☆gmail.com (☆を@に変えてくださいね)

🔸 お申し込みはこちらからも受け付けています。

 

☆神戸・三宮・元町・東灘・芦屋・明石・三木・加古川・高砂・大阪・梅田・西宮・京都からお越しいただいています。

 

☆冷え性、生理痛、生理不順、子宮筋腫、更年期、不正出血、卵巣嚢腫、不妊症、PMS、ダイエット、むくみ、ほてり、のぼせ、肩こり、肌のくすみ、たるみ、婦人科系疾患、腰痛、首こり、慢性疲労はおまかせください。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


オーナー写真

2007年よりオテル・ド・摩耶の専属セラピストとして勤務し経験を積む。セラピストの活動を続けながらコスモフェイシャルやラストーンセラピー、メディカルハーブなどの様々な自然療法を学ぶ。


2010年に神戸市北区で小さなプライベートサロンをオープンし、2014年にプライベートサロンを神戸市中央区の北野に移転。

2016年9月23日より新しいメニューも加わり神戸市西区で再スタート!

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP